背中ニキビ跡ができやすい人、できにくい人には生活習慣の違いがある?

背中ニキビ跡の様々な原因

背中ニキビ跡ができやすい人、できにくい人には生活習慣の違いがある?

更新日:

背中ニキビ跡で悩んでいる人は、自分なりにいろいろなケアを試しているのに、効果が表れないと感じているケースがとても多いです。
背中ニキビ跡が治らない原因は、ケア方法が合っていない場合もあります。

さらにその人の生活習慣も大きく関係しています。背中ニキビ跡ができにくい人は、体質もありますが、できにくい生活習慣を無意識にしているということでもあります。

背中ニキビ跡ができやすい人の生活習慣について掘り下げ、改善することで背中ニキビ跡を対策していきましょう

背中は見えにくいためケアが行き届かない

背中は見えにくいためケアが行き届かない

背中ニキビ跡ができやすい原因として意外と多いのが、「見えないのでケアを怠ってしまう」というものです。
背中は自分では見えにくいので、背中ニキビができてしまったことに気づかず、ケアをしなかったがために背中ニキビ跡として残ってしまうというもの。

また背中は手が届きにくい場所でもあるので、きれいに洗っているつもりでも実際にはきちんと洗えていないということも挙げられます。
背中をきちんとお手入れするには、定期的に合わせ鏡などで自分の背中の状態を確認することが大切です。

家族にチェックしてもらうことができるなら、お願いするのもよいと思います。毎日チェックできることが望ましいですが、週に1回くらい確認できれば十分です。

そして背中ニキビがあったら、速やかにケアをしてください。背中ニキビだと思ったら、マラセチア毛包炎だったということもあります。

マラセチア毛包炎の場合、赤くて小さいぶつぶつが群発してたくさんできるという特徴があります。
こまめにチェックをして都度適切なケアを行えば、背中ニキビ跡が残ってしまうのと防ぐことができます

 

食生活の乱れは背中ニキビ跡につながる

食生活の乱れは背中ニキビ跡につながる

  • 脂質や糖質の高い食事
  • 清涼飲料水
  • お菓子
  • ジャンクフード
  • お酒
  • カフェイン
  • たばこ

このような食べ物、飲み物、嗜好品が好きな人は背中ニキビができやすいのはもちろんですが、背中ニキビ跡もできやすいタイプです。これらの食事は体に「活性酸素」を大量に作る原因となります。

活性酸素とは、体の中の「サビ」を連想すると分かりやすいと思います。
体内の活性酸素ができやすい人は、細胞を老化させてしまいます。

背中ニキビができた後の回復力が低下し、背中ニキビ跡が残りやすい人が多いです。
背中ニキビ跡だけでなく、肌のシミやしわなどもできやすくなりますので、美肌の大敵となります。

 

背中ニキビ跡が改善されない偏った食事は注意しましょう

背中ニキビ跡が改善されない偏った食事は注意しましょう

食生活が乱れている自覚がある人、お酒やたばこを吸うという人は、それらをできるだけ避けるようにしてください。まず食事においては、野菜中心の食生活を心がけましょう。

外食ばかりに偏るのではなく、少しでも家で自炊した食事を摂ると良いでしょう。外食は脂質や塩分過多のメニューが多いです。

コンビニやジャンクフードは食品添加物が豊富に含まれています。
お弁当やお惣菜においても食品添加物が含まれていたり、味付けが濃いものが多いです。

活性酸素を増やしたり、脂質過多で背中ニキビができる原因となります。
カフェインの摂りすぎやアルコール、たばこは活性酸素を増やす原因です

 

睡眠のゴールデンタイムに眠ると肌が生まれ変わる?

睡眠のゴールデンタイムに眠ると肌が生まれ変わる?

特にたばこは百害あって一利なしといわれるほど体に悪影響を及ぼします。活性酸素を大量に作ってしまうのはもちろんですが、血管を萎縮させて血流を悪くしてしまいます。

すると代謝機能が低下し、背中ニキビ跡が残る原因となりやすいです。現在たばこを吸う人は、1日も早く禁煙しましょう。

睡眠不足も背中ニキビ跡が残りやすくなる原因です。人間の細胞は睡眠中に修復され、また新しい細胞が生まれます。

睡眠不足になると、細胞が生まれ変わる時間が少なくなってしまうということになります。
背中ニキビが回復した後も新しい肌に生まれ変わることができず、背中ニキビ跡として残ってしまいます。

22時から深夜2時までは成長ホルモンがもっとも分泌される時間なので、その時間に睡眠が取れれば効果的です。
この睡眠のゴールデンタイムはいろいろなメディアでも取り上げられていることなので、ぜひ意識してみてください

 

背中の洗い方はとても重要!

背中の洗い方はとても重要!

背中は自分では見えにくい部分なので、洗うときも行き届かない部分があることも多いです。また、間違った洗い方で背中ニキビ跡につながることもあります。

背中を洗うときは何で洗っていますか?
ナイロンのボディタオルでゴシゴシとこすってしまってはいないでしょうか。

化学繊維でこすると、背中に傷がついてしまうことがあります。
傷がつくと背中ニキビが悪化したり、背中ニキビ跡が色素沈着を起こして消えなくなってしまいます。

背中に油分が多い人は、綿のタオルを使用して、植物せっけんなど化学成分が極力配合されていない洗浄料で洗うのがおすすめです。
柔らかい天然素材で作られたボディブラシであれば、手の届きにくいところもしっかり洗えるので背中を洗うのが苦手な人でもきれいに洗えると思います。

油分や汚れをしっかり落とすことは大切なのですが、油分を落としすぎてしまうと、肌が油分を補おうとどんどん分泌してしまいます
適度な油分は残し、余分な油分と汚れをきちんと洗い落とすという洗い方を意識してください。

たまにスクラブで背中の古い角質を落としてあげると肌のターンオーバーが整い、背中ニキビ跡の改善につながります

 

背中ニキビ跡を防ぐシャンプーとトリートメントの仕方

背中ニキビ跡を防ぐシャンプーとトリートメントの仕方

お風呂に入るときは、体を洗うよりもシャンプーとトリートメントを先に行うのがマストです。
体を洗ってからシャンプーやトリートメントすると、背中にシャンプーやトリートメント成分が残ってしまい、背中ニキビ跡の原因となってしまいます。

先にシャンプーやトリートメントを行えば、後から体を洗うときにシャンプーやトリートメント成分も一緒に洗い落とせます。
次に、シャンプーやトリートメント成分にもこだわることで、背中ニキビ跡予防することができます。

シリコンや合成界面活性剤を使用しているシャンプーやトリートメントは避けたほうが良いでしょう。
肌の通気性を悪くしてしまう成分が入っていたり、毛穴に詰まってニキビの原因となることがあります。

 

ボディーソープだけでなくシャンプーやトリートメントにもこだわろう

最近はオーガニックのシャンプーやトリートメントも充実しています。
天然の成分のみ、または安心して使用できる成分のみで作られている商品がたくさんあります。

石鹸シャンプーも、肌に安心して使用できる原料のみで作られています。
こうしたものを使用することで、背中ニキビ跡を予防、改善することができるでしょう。

シャンプーやトリートメントを洗い流すときは、必ず髪や地肌に残らないようにしっかりとすすぐことロングヘアーの人は、シャンプーやトリートメント成分が髪に残っていると、それが背中に当たり、背中ニキビの原因となってしまいます。

シャンプーやトリートメントをぬるま湯でしっかりと流してから体を優しく洗うことで、背中ニキビや背中ニキビ跡ができてしまうことを防げるでしょう。

▼見せる背中にしたいなら♪背中ニキビ専用ジッテプラス▼

ジッテプラス

>>ジッテプラスの詳細はコチラから確認できます!<<

背中ニキビ対策おすすめアイテムはこちら

>>成分・効果・コストを考慮した背中ニキビ対策アイテムおすすめランキング<<

-背中ニキビ跡の様々な原因

Copyright© 背中ニキビ(背中にきび跡)の原因と自宅で行える簡単な治し方 , 2019 All Rights Reserved.